男女の出会い

怪しいサイトも多数ありますのでご注意

ネット上には数多くの援助を求める女性がいる出会い系サイトが存在していますが、優良サイトも多くあれば、悪質サイトも多くあるようです。
全てが信じられるとは限らないですので、少し疑うことも必要になるかと思います。
ダイレクトメールを送ってくるようなサイトや、無料出会い系サイトと謳っていたとしても利用規約がはっきりしていなかったり、運営者が分からないようなサイトは、利用しない方が自分のためだと言えます。
何も考えずに軽い気持ちで登録してしまうと、勝手に有料サイトにも登録されてしまい、あとから料金を請求される可能性だってあります。
また、大手のプロバイダに登録されているからといって、そのサイトが安心できるとは限りません。
そのサイトが本当に優良か悪質かということは、サイトを少し覗いたくらいでは判断しづらいでしょう。
自分の気になるサイトが優良のサイトかどうかというのは、サイトのトップページを見て、運営者名が明記されており、サイト運営の趣旨やポリシーなどが明記してあり、利用規約などがきちんと記載されているかどうかで、多少は判断することができると思います。
しかし、このときに但書きについて気をつけなければいけません。
但書きというのは、あまり目のつかない場所に小さく書かれていることも多いので、うっかり見落としてしまう可能性もあります。
但書きというのはいわば徒前の生命保険のようなものです。
生命保険の時には大きな問題になったのですが、出会い系サイトでも同じような問題が起こっていますので、気をつけましょう。
また、少しでも怪しいと感じたサイトは利用しないようにしましょう。

今の若い女性は援交掲示板の利用に抵抗があまりない

最近の援助交際のサポートをしているのはLINEのラインID機能だといわれている。
女の子と連絡するのは電話番号や直アドが必要だったのが従来の方法だ。
しかしラインであればLINEIDを伝えておくだけで簡単にコンタクトできる。
一度援助交際をして、もうこりごりだ!という場合は、ブロック機能で関係をシャットアウトできる。
援助交際をするには色々な方法がある。
主導権を持っているのはお金を出す方だと思いがち。
交渉相手はサービス満点の会社組織の場合もある。
また女性ひとりが独立窓口になっており、料金交渉からトータルを自分でハンドリングする場合ももある。
「お金を支払うからSEXさせてくれ」から「前金で20000円お支払いください」みたいなシステムもある。
けれどもお金を出したのだから何でもして良いというワケでもない。
女性がひとりでやっているように表向きには見えても、背後に暴力団が絡んでいることもある。
援助交際には影の危険な部分もあることは認識しておこう。
あまりにも強要した強引な行為はあとになってしっぺ返しがくる事案もある。
突然強面の男性が入ってきてボコボコにされるケースもあるのだ。
だからお金を出すから何をしても良い――こういう考えは捨てよう。
女性も相手男性がどういった素性の人間か分からないから、高飛車な対応はタブーで、相手は男なので腕力では絶対にかなわないのだ。
お金を提供してくれるのだから、そこは大人の対応をしたい。
暗黙のルールのようなものが援助交際にはあるのだ。

援助交際をしている女性はお金で買われた人

援助交際をしている女性は<お金で買われた人>ですから、買った男性にはある程度強要されても従う覚悟を持つべきだ。
援助交際を待ちに待った男たちは飢えた狼だ。
「いきなりこんなことまで……」なんて思うSEXプレイを要求されることもあるだろう。
けれども常識外れの事以外は従わざるを得ないのだ。
「抱かれる」とか「される」といった表現は少々違和感を持つかもしれない。
けれども援助交際という世界では買った方が主導権を握るのは当然である。
「私達が身体を提供してあげている」「SEXしてあげている」なんて思い上がった考えは間違っており抱かれる立場をわきまえよう。
お金が欲しくて援助交際でSEXしている間は、ひたすらしかめっ面――こんな女性もいるだろう。
けれどもそれは相手男性が不快感をしめさなけばOKだ。
けれどもそれを指摘されても文句は言えない。
男性にしたらお金を支払っているという気持ちがあるのだが、彼等はラインを使って相手を物色しているようだ。
若い女の子の間ではLINEが大流行で知らない相手でもラインIDを掲示板などで交換して出会いを実現しているのだ。
このような風潮を利用して援助交際をしたい男たちはLINEIDをキッカケにして近づいてくる。
「LINEでトークしたいからIDを教えてよ。
嫌になってもブロックすればいいだけだから、少し話しをしてみない?」なんてフレーズでアプローチしてくるようだ。

援助交際をして大満足の話

援助交際を経験した親父たちは<ラッキーだった>なんてほくそ笑んでいる人も多いだろう。
若いカワイイ女性に巡り合ったりしたら、癖になってしまうのも理解できる。
一般的には若い女の子・性格の良い女の子・自分のやりたいSEXプレイを受け入れてくれる女の子が理想なので援助交際をする場合には事前の条件交渉をLINEでするのが最近のトレンドだ。
ラインは若い女の子ならば100%といって利用している。
日常的に使っているラインだから、そこでいろいろ話しをしても違和感がない。
電話番号を知らせるのではなくLINEIDを知らせることによってトークできる。
だから非公認の掲示板や出会い系で「私のラインIDはここだからヒマしている男性からの連絡を待ってま〜す!」なんて誘い文句で投稿しているのだ。
こんな投稿があれば親父たちは、そそくさとアプローチするのだ。
援助交際を満喫しているのは男性ばかりでもなく女性もSEXができてお金ももらえるのだから楽しいと思っている女性もいる。
25歳位までの女性ならば許容範囲であるだろうから、援助交際を仕事にしている女性もいるのだ。
まあハッキリと言えば売春婦なのであるが…。
日本では二十歳をすれば立派な成人であるので、どんどんと援助交際の輪はひろがっているようだ。

援助交際をやって何が悪いの?そんな主張をする馬鹿な人もいます

現在は二十歳になったMidoriさんは、過去に援助交際経験がある女性です。
大学1年のときに友だちから、効率のよいアルバイトがあると紹介されたのがキッカケです。
高校時代から援助交際の知識は耳に入っていました。
どんな風にやるかも知っていたそうです。
そしてセックスにも援助交際にも興味があったのも事実です。
友だちに対して自分の空いている時間を告げるだけでよかったです。
待ち合わせ場所を決められて目印になる持ち物を持った男性が現れました。
男性は四十歳代の会社員。
援助交際経験は数回ありそうで慣れた感じで話しをしてすぐにホテルにチェックイン。
セックスは極めてノーマルで射精したあとにお金をくれました。
ホテル代は男性会社員が負担して、Midoriさんは2時間で30,000円の報酬を得ました。
この出来事をキッカケにして数名の男性と援助交際の深みにはまることになりました。
2時間の性行為をするだけです。
どちらの名前も知らないでセックスを淡々とするだけ。
今は援助交際をすることはなくなっているのですが夢のような時間だったと語ります。
当時は売春をしているという意識はなく、今援助交際をしていないのはお金に困っていないからだけです。
お金がなくなればまた援助交際をして稼ぎたいといってますが、二十歳を超えると声がかからないかもしれないとも言いました。

蔓延している援助交際

援助交際は売春行為ですが、中でも一番に問題になっているのは女性の年齢が極端に若くなっていることです。
女性の社会人になり二十歳を過ぎると常識的なことが見えてくるので援助交際=売春であることを理解できてきます。
けれども大人として精神的に未熟な未成年者は常識的な考えもできず、お金もないしすぐに稼げるアルバイトという感覚で援助交際に手をつけることが多いのでしょう。
友だちが援助交際をしていて、お金を自由に使える姿を見るとうらやましくなって、ついつい誘われてしまうと味をしめてやめることが出来なくなります。
こういったことが援助交際の危険な特徴点です。
援助交際は売春ですから重大な犯罪行為です。
それが分からない時期は、それほどシリアスな問題としてとらえていないのです。
実生活で援助交際を誘われることがないから真剣に考えないのでしょう。
最近はインターネットを通じて援助交際相手を探すことも難しくありません。
相手が見つかれば、すぐにアポイントと取ってセックスするのみ。
あとはお金を貰えばそれでもおしまい。
街中で声をかけて援助交際を求めるならば周囲の目や警察の目が気になります。
けれどもインターネットの闇サイトの場合は事前にじっくりと条件を協議できます。
他人から見られて見つかることはありません。
スマートフォンや携帯は小学生でも持っています。
だから小学生が援助交際に巻き込まれる可能性は充分にでてきます。
欲しいものがなかなか買えない――そんな状況になれば簡単に援助交際に足を踏み入れるかもしれませんから怖いです。

女性はお金で買われています

援助交際をしているということはつまり、その女性はお金によって買われたということになります。
買われた以上は、買った男性に対してある程度従う必要が生まれてくるのでdすね。
援助交際をしたいと思ってお金を払っている男性ですから、かなり貪欲になっていることでしょう。
女性がまさかと思うようなことまで、いきなり要求してくる可能性も確かにあります。
ですがあまりに常識ハズレなこと以外については、女性には従う義務があるといってもいいくらいなのです。
お金を払って買われているということは、つまりそういうことなのです。
援助交際という世界においては、買った男性のほうが主導権を得るということは当然のことでもあります。
女性は自分がセックスをしてあげている、ということではなく、あくまで抱かれているということを自覚するようにしましょう。
お金が欲しくて援助交際をした女性は、セックスの最中ずっと不機嫌ということもあります。
それで、男性が不快感を持たないのであれば問題ないかもしれませんが、文句を言われても当然のことです。
男性にしてみればお金をはらってやってるのだから、それなりに奉仕をしてもらわなければ困るということになります。
若い女性の中ではラインというアプリが流行していますが、ここでも援助交際のやり取りは行われています。
ラインなら気に入らなければブロックをしてしまえばいいということで、気軽にメッセージのやり取りがスタートするようになっているのです。

援助交際に罪の意識があるのか?

セックスすることによってお金を貰う行為は売春と分かっていてもバレなければ良いと思っている女性もいる。
罪を犯しているわけです。
けれども発覚しなければ男性の前で素っ裸になることもします。
多分男性が札束に見えているのでしょう。
だからセフレのようなエッチなプレイもこなします。
援助交際では自分のカラダを売る事になります。
倫理的にも問題がある行為です。
当然世間的にも批判を浴びる愚かな行動です。
けれども援助交際をする男性も女性もそういった世間体は気にしないのです。
性欲を抑えることができない性癖の男性が女性とセックスをすることになってしまうのだ。
犯罪だとしても援助交際を行ったという証拠がなければ逮捕されることはないからです。
だからこそ、援助交際は無くならないのでしょう。
取り締まることには限界があります。
それよりも各家庭でどういった教育をするのかが大切です。
幼少時からの家族間のコミュニケーションや信頼関係が大事です。
物事の善悪がわきまえることができる人間に育てましょう。
キチンとした家庭に育ったお子さまは道をはずすことがないです。
それによって援助交際に足を踏み入れることを回避できます。
将来になって自分が愛する人とセックスするときに、セフレや援助交際とは全然違うのです。
そういったことが理解できれば悪の道に進むこともありません。

法律が強化されても衰えることがない援交

援助交際は売春で犯罪なのに何故撲滅しないのだろうか?
もっともっと稼ぎたい女性が後を絶たないから。
性欲が抑えきれない男性が多すぎるから。
いずれも当たりでしょう――お金を支払ってまでセックスをしたい惰性達が多いからです。
金銭的な負担をすれば美人女性と自由にセックスできるのです。
だから援助交際が続くと評価できるでしょう。
性欲が抑えられない男性が多いというよりも若い女性とセックスしたい男性が多いだけかもしれないです。
こんな援助交際を虎視眈々と狙っている男性もいるでしょう。
しかし一般的にはお金を出してまでそういったことはしません。
普通の常識を持っている人間ならば援助交際に手を出すことなどありえません。
援助交際に手を出すような男性は、若い女性とセックスすることだけしか頭が働いていないのでしょう。
だから援助交際が売春であるとか、犯罪行為であるとかなどどうでも良いことなのです。
援助交際でセックスができて自分の性欲が満足すれば最高なわけですから獣と同じです。
悦楽はある意味麻薬的な効果があるのでしょう。
一度その経験をすると簡単にやめることができないのかもしれません。
どんどんと深みにはまるような特徴があるのでしょう。
援助交際でゲットできる快感に中毒症状を持っている人達は倫理観など持ち合わせていません。

自己紹介サイトでも援交募集がされています

インターネットにはいろいろな種類のサイトがあります。
その中にはどういった目的で使うのか疑問になる場合もあるでしょう。
近頃は自己紹介ができるサイトもあります。
ご自身のプロフィールや趣味や年齢などを公開したり、友だちを探している人もいます。
単純に友だちとのコミュニケーションをする場であるケースもあります。
新しい友だちの輪を作るという健全ンなサイトばかりであればいいのです。
しかしながら中には、そのサイト上の掲示板などで援助交際を募集する場合もあります。
自己紹介サイトで援助交際のきっかけをつくるケースもあります。
だいたいこういったサイトの特徴はひと目見れば判別できます。
1回30,000円とか、プロフィール欄に小さい文字で隠語のように公開されている場合もあります。
要するに自己紹介とか特技とか趣味なのは全てダミーの文言ですね。
肝心なことは最後の欄の小さいフォントで記載されているわけです。
援助交際になれている男性たちは阿吽の呼吸で文体を見れば理解できるようですね。
ここの女の子たちは援助交際をしているんだろうと…。

怪しいサイトも多数ありますのでご注意 はコメントを受け付けていません。